2010-09-04 フリマ報告 2

思えばン年前、「みんなの家」を作りたいと願った。

人が集い、人が行きかう風のような家。

「こんななーんもない田舎にだれも来んわー」と言っていた地元に暮らす友人が驚くほど、今や人が行き交っているじゃないか!!

最初は身内が。次は友人が。そのあたりで、「この家にこんな人たちが来るなんて!」とすごーく不思議な気がしたけど、1回目2回目のイベントをやるに従って、いまや知らない人たちがこの家に来たりしているなんて!

看板見てや紹介されてきた地元の人たち、

フリマごときに(?)1時間近く車を走らせてわざわざ来てくれた人たち。 

本当にうれしーーーーい驚きだ。


f:id:Teresa:20100828104457j:image

(一番に駆けつけてくれたKさん母娘)

f:id:Teresa:20100828113319j:image

(大好評菓子パン作者のMちゃん)

f:id:Teresa:20100828113428j:image

(H君は本を買ってくれました)

f:id:Teresa:20100828110220j:image

(な、なにやら、そぐわぬ集団が…笑)

f:id:Teresa:20100829115231j:image

(相方の古い友人ファミリーも)

f:id:Teresa:20100829173140j:image

(めがねのA君。毎回登場)

f:id:Teresa:20100829173131j:image

(相方弟と隣人C子とその友人もサンキュ)

f:id:Teresa:20100829182047j:image

(誰も信じないけど母娘なんだって)

f:id:Teresa:20100829183105j:image

(誰も信じないけど手前の赤Tの人はミラノから来たスタイリストなんだって!?)

f:id:Teresa:20100829180244j:image

(古い写真は本の間のインテリア)

f:id:Teresa:20100830142034j:image

(古い時計はサロンで現役大活躍)

最後におもしろい、うれしいエピソード一つ。

パツキンの青年が看板見てふらりと上がってきた。

「表の電子レンジ使えるんですか?」と。

「もちろん!」

「フライヤーも?」

「もちろん!」

「ぜんぶ、100えん?」

「もちろん!」

玄関先で、そんなやりとりの後に家に上がって物色。

一通り、眺めたあとで相方に「なんでこんなこと始めようと思ったんスか?」

「だれかの不要品はだれかに必要かもしれないと思って。本当は物々交換が、ぼくらのいちばん理想なんだけどね」と相方が答えたとたん、青年曰く。

「あの、ぼく、トマト農家に働きに行ってて今車にトマト摘んでいるんですけど、それで少し負けてもらえませんか?Tシャツを」

どうも、500円のブランドTシャツは彼には高かったらしい。

「もちろん、喜んで。交換しましょう」とわたしたち。

喜んだ青年、100円の電子レンジとフライヤーのほか、Tシャツ2枚も買ってうれしそうに帰って行った。

でも…ね、

今の野菜高騰時期、こんな立派なトマト、とてもワンコインじゃ買えない。トクしたのはわたしたちかもよ。

f:id:Teresa:20100830182549j:image

ありがとう、見知らぬ農業青年。

たくさんの人に、感謝です。

inserted by FC2 system